記事詳細

サッカー日本代表「新10番」南野拓実、久保建英との先発を熱望 コートジボワール戦で実現なるか (1/2ページ)

 オランダ遠征中のサッカー日本代表は13日(日本時間午後11時45分)、コートジボワール代表と対戦する。

 新10番のMF南野拓実(25)=リバプール=は12日、「親善試合とはいえ存在感をしめしたい。チームでも代表でも確約された場所があるわけじゃない。番号にこだわりはない。今回は親善試合だし、プレッシャーも感じない」と淡々とコメントした。

 「なんといっても南野は世界NO・1クラブのリバプールに在籍している。それは大きい」と抜擢の理由を説明したのは日本協会・田嶋幸三会長(62)だ。南野が新10番になった決め手はリバプールという大看板にある。クラブでは控えでも、そのブランド力は絶大だ。

 南野もリバプール効果を認めている。「(リバプールの選手たちは)プレーをする際に複数の選択肢をもっている。とても参考になる」。この遠征では、他の選手から質問責めに遭っているが、南野は「周りの選手のことなど考えている余裕はない。代表でもチームでも結果を残すことだけを考えている」と、まずは自分の役割に集中している。

 一方、その南野にとっても、売り出し中の19歳・MF久保建英=ビリャレアル=の存在感は抜けているという。

関連ニュース