記事詳細

【清水秀彦 そういうことだろ~】森保ジャパンのカメルーン戦が“消化不良”だったワケ ウイークポイントのボランチ勢、柴崎はまだ老け込む年齢じゃない! (1/2ページ)

 --オランダ遠征第2戦のコートジボワール戦(13日)はすっきり勝たなきゃですよね

 清水「カメルーン戦(9日)は予想はしていたけどピンボケ…。消化不良だったからなぁ」

 --ズバリ聞きます。森保ジャパンのウイークポイントは

 「ボランチだね」

 --柴崎(レガネス)はもっとスーパーなボランチでした

 「なんというか、小ぢんまりしてしまった。コンビを組んだのが五輪代表の中山(雄太、スヴォレ)だったのも厳しかったね。中山は攻撃に出ていくタイプのボランチではないから。かといって、きっとコートジボワール戦にもコンビを組むであろう遠藤(シュツットガルト)も同じタイプだからなぁ」

 --柴崎がいい時はもっと攻撃的でした

 「だろう! ペナルティーエリアにどんどん入っていた。だから相手もやりにくかった。柴崎はいくつになったんだぃ?」

 --28歳です

 「まだまだ老け込む年齢じゃないぜ。でもなにかそれこそ30代中盤のようなプレーばっかりだったからね」

関連ニュース