記事詳細

【最先端アマチュアスイング】失敗しないバンカーショット ヘッドはボールに触れる直前に入れる (1/2ページ)

 バンカーショットでは、ヘッドをどこに入れるかというのも重要なポイントになります。

 ほとんどのゴルファーは、ボールの手前5センチぐらいのところにヘッドを入れようとしているのではないでしょうか。バンカーが苦手という人を見ているとそれ以上手前に入れているケースもあるようです。

 実は、この5~10センチ手前というのがアマチュアゴルファーのバンカーでのミスの原因になるとも言えます。

 なぜなら、砂を多く取り過ぎるとエネルギーがボールに伝わらず、ボールが飛んでくれないからです。もちろん、SWにはバンスが付いているので、ある程度手前に入れてもヘッドは滑ってくれるのですが、砂の取り過ぎは禁物です。「では、どこにヘッドを落とせばいいのか」。正解は、ボールの直前です。それもヘッドがボールに触れるぐらい直前がいいのです。「そんなに近くに打ち込んだら間違ってボールを打ってしまい、ホームランが出やすくなってしまうのでは?」と思う人もいるでしょうが、それほど心配する必要はありません。