記事詳細

“鉄壁”森保ジャパン、コートジボワールにリベンジV 植田が代表初ゴール (1/2ページ)

 サッカー日本代表(世界ランク28位)は13日、オランダのユトレヒトで、アフリカのタレント軍団、コートジボワール代表(同60位)と国際親善試合で対戦。途中出場のDF植田直道(25)=セルクル・ブリュージュ=が後半ロスタイムに代表初となる劇的な決勝ゴールを決め、1-0で快勝した。日本代表は今季初勝利。14年W杯ブラジル大会で敗れて以来の対戦でリベンジを果たした。

 勝因は守備だ。遠征2戦目となるこの試合で森保一監督(52)は、カメルーン戦(9日)から先発7人を入れ替えた。しかし、DF吉田麻也(サンプドリア)と冨安健洋(ボローニャ)のセンターバックは不動。守備の国イタリアで所属クラブの主力を務める2人の動きは完璧で、今回のオランダ遠征では2試合連続無失点に貢献した。ブラジルW杯にも出場した吉田は「僕の記憶では(強豪相手に2試合連続完封は)ない。目に見える数字で自信になる。成長できた」と喜んだ。

 ロスタイムの劇的弾も後半44分に右サイドバックのDF室成(ハノーファー)に代わって入った植田だった。敵陣右サイドで獲得したFKをMF柴崎岳(レガネス)がゴール前へクロス。ファーサイドへ走り込んだ植田がフリーで頭から飛び込んで決めた。

関連ニュース