記事詳細

阪神・矢野監督、陽性スタッフと会食も隔離されず指揮 広島に続き集団感染の名古屋でも…福留らとは別の飲食店で (1/2ページ)

 阪神の選手、スタッフの間で新型コロナウイルスが感染拡大した温床として、名古屋遠征中の9月19日夜に催された複数の会食が問題視されているが、同夜に別の飲食店で矢野燿大監督(51)と会食した1軍チームスタッフにも、25日にコロナ陽性判定が出ていたことが本紙の取材で分かった。球団は感染した選手の濃厚接触者に加え、同夜の会食で同席した陰性判定の選手にも独自の判断で10日間の隔離措置をとったが、矢野監督は“ギリギリセーフ”と判定。25日以降も継続してチームの指揮を執らせたとしている。(山戸英州) 

 PCR検査で一挙7人のコロナ陽性が判明した9月25日。球団はそのうち糸原、陽川、岩貞の3選手と1軍チームスタッフBが、福留孝介外野手(43)ら総勢8人で集まり、19日に遠征先の名古屋市内の飲食店で会食していたと発表した。あわせて、同じくコロナ陽性の浜地、馬場両投手も、岩崎、小川の両投手を交えた4人で会食していたことも明かされた。

 ところが陽性反応が出た7人の中でただ1人、1軍チームスタッフAについて公表されたのは、検体を採取した48時間前以降の行動歴のみ。19日夜の行動については伏せられたままだ。本紙が取材を進めたところ、スタッフAは名古屋市郊外の住宅街にある老舗飲食店で会食。その同席者には、矢野監督が含まれていることが分かった。

 感染者と19日の会食で同席した選手は、検査結果が陰性でも一斉に出場選手登録を抹消され、10日間の隔離措置がとられた。岩崎と小川は保健所が濃厚接触者と認定。また、糸原らと一緒だった福留ら4選手も、球団の判断で濃厚接触者と同様に扱うこととした。

関連ニュース