記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】パ・リーグのもう一つの見どころ 楽天vs西武のメンツをかけた3位争い (1/2ページ)

 最後の最後まで目が離せない、3年ぶりのV奪回がノルマのソフトバンク対15年ぶりの優勝を目指すロッテのパ・リーグペナントレース。

 もう一つの見どころには互いにメンツのかかった負けられない3位争いがある。リーグ3連覇が消滅した西武と、楽天の激しいAクラス入り争奪戦だ。

 今季は新型コロナウイルス伝染防止のために超変則日程。セ・リーグはクライマックスシリーズ(CS)中止。パ・リーグの方はCSはやるものの、1位対2位対決だけ。3位になってもCSファーストステージがないから、下克上日本シリーズ出場の可能性はない。

 例年のような重要なウエートはないのだが、楽天と西武にはそれぞれ互いに譲れないメンツがあるのだ。

 リーグ3連覇が消えた西武・辻監督はすでに来季続投の路線が敷かれている。就任時はハッキリ言って大きな期待はなかったが、1年目に前年Bクラスのチームをいきなり2位に躍進させた。そしてリーグ連覇と文句のつけようのない実績があるのだから、辻監督の来季続投は当然だろう。

 が、3度目の正直で「今季こそ日本一」と、高らかに宣言していた辻監督本人としたら別だろう。リーグ連覇からいきなり初のBクラス転落となれば面目丸つぶれになる。3連覇を逃しても4年連続Aクラス入りというのは最低限のノルマで、メンツの問題になってくる。

関連ニュース