記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】秋吉翔太 時間なくてもパッティンググリーンには必ず行こう (1/2ページ)

 アマチュアゴルファーとは違って、プロたちは試合前、かなり念入りに練習をします。ゴルフを楽しむ皆さんとは異なり、僕らは仕事なので、それは当然のことでもあるのですが、たとえ遊びとはいえ良いスコアを出したいと思うなら、しっかり練習をしておいたほうがいいと思います。

 もし時間がなかったとしても、パッティンググリーンにだけは必ず足を運ぶようにしましょう。なぜなら、ショットの練習は体をほぐしたり、その日の調子を確認するもので、わざわざ練習場に足を運ばなくてもストレッチや素振りでチェックできますが、パッティンググリーンでの練習は「その日のコースを知ることができる唯一の練習」なので、代わりが利かないからです。

 パッティンググリーンでまずやるべきは、グリーンの速さをチェックすることです。

 速さに関しては、それぞれの感覚もあるし、経験によっても感じ方が違ってくると思いますが、できるだけ平らなところを探し、最初に自分が思っている10メートルを転がしてみてください(写真〔1〕〔2〕)。そして、ボールがオーバーしたら「速い」、手前に止まったら「遅い」と判断すればいいのです。

関連ニュース