記事詳細

早すぎる来季“続投報道”の怪 阪神・矢野監督「確定」ではない理由 (1/2ページ)

 リーグ3位の阪神は18日、最下位のヤクルト戦(甲子園)を1点差で逃げ切ったがまだ安心するには早い。シーズンの順位が決まっていない段階で13日に突如、一斉報道された阪神・矢野燿大監督(51)の来季続投は、確定とは断言できない状況だという。

 そもそもは藤原崇起球団オーナー(68)が9日午後、実質解任だった揚塩球団社長の辞任会見を受けて対応した流れで、指揮官について問われ「その時、その時のセカンドベストを貫いている」と評価。来年は3年契約の最終年であることを踏まえた上で「もちろん(方針は)全く変わっていません」と話した。

 これを受けて矢野監督も「しっかり応えたいという思いはある」と心境を語ったが、実は藤原オーナーの発言が世に出るまで4日ものタイムラグが生じている。当然、12日発行の本紙で矢野監督の資質が問われる『広島遠征中の違反会食問題』の件が公になる前の話であり、阪神電鉄本社筋からは「来季続投の流れはあるが、決して確定事項でない」と明かす。

 9月下旬に選手、チームスタッフ計9人の新型コロナウイルス感染が分かると、レギュラークラスの糸原、中継ぎの要だった岩崎、岩貞、馬場らが離脱し大幅に戦力ダウン。選手は徐々に1軍復帰しているが、チームは一進一退の状況が続いている。前出の関係者は「コロナ禍での戦力ダウンする条件はどこも同じ」と配慮しない構えで「あくまで最終成績が評価となる」と強調する。

関連ニュース