記事詳細

大相撲11月場所、観客5000人で実施 秋場所2500人から倍増

 日本相撲協会は19日、大相撲11月場所(11月8日初日)を、両国国技館の定員1万1000人の半分ほどに当たる上限約5000人の観客を入れ実施することを決めた。新型コロナウイルス感染予防対策として、2場所連続で上限約2500人だった9月の秋場所から倍増となった。

 11月場所は1000人規模の移動に伴う感染リスクを踏まえ、通常の福岡市から東京開催に変更。1人ずつ座っていた4人用升席は2人まで使用可能になった。いす席は隣との間隔を3席から1席に狭め、前後左右は空ける。土俵近くのたまり席は一部開放。座席での飲食は禁止で、新たに専用スペースを設ける。館内の禁酒、午後1時の入場時間は変わらない。入場券販売は相撲協会公式販売サイトのみで20日から先行抽選、27日から一般販売を開始する。

関連ニュース