記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】コースマネジメントの基本ティーショット編パート2 セカンドショットで打ちやすい場所へ運ぶことが重要 (1/2ページ)

 ピン位置とティーショットの打つべき方向についても考えなければなりません。

 セカンドショットを打つときに、バンカーや池を越えてピンを狙うより、花道があり、その延長線上にピンがある方がプレッシャーが掛からないのは当たり前です。

 そして多くのホールでは、手前の両サイドにバンカーを配置していることから、ピンが左にあれば、ティーショットはフェアウエー右サイドへ、逆にピンが右にあれば、フェアウエー左サイドへ打つのが、セカンドショットでハザード越えになりにくくなることはご理解いただけますでしょうか。

 また、左ドッグレッグならばドロー、右ドッグレッグならばフェードの方がグリーンに近付ける球筋なので有利だと考える人も多いかと思います。しかしそれは反対で、右ドッグレッグで、もし右に曲がるボールを打つと右の林に入れるケースが増え、ショートカット気味に手前の林へつかまってしまいます。すると次が打ちにくくなります。逆の林に入った方が、前が開けていて打てることが多いものです。

 右ドッグレッグではドロー、左ドッグレッグではフェード系の方がリスク回避につながり、スコアメークになると覚えましょう。

関連ニュース