記事詳細

【西本忠成 トラとら虎】阪神・藤浪、中継ぎで162キロマークも先発復活は「?」の理由 (1/2ページ)

 阪神の藤浪晋太郎投手(26)は10月19日のヤクルト戦(甲子園)で球団史上最速の162キロをマークした。中継ぎで登板した7回、松本友に投じた1球である。

 日本人投手ではエンゼルスの大谷が日本ハム時代の2016年にマークした歴代最速の165キロに次ぐもので、関西のスポーツ紙は一面トップで仰々しく報じるほどだった。

 実はこの記録、皮肉にもコロナ禍が生んだといえる。阪神では9月25日に糸原、岩貞、陽川ら5選手の新型コロナウイルスへの感染が判明。彼らと外食を共にした5選手の計10人が出場選手登録を抹消された。この補充のため2軍から急きょ呼ばれたひとりが藤浪というわけだ。

 「かといって力不足で先発では使えない。短いイニングの中継ぎで様子を見ようとなった。これならプレッシャーもなく、リラックスして投げられる。そのうえペース配分を考えなくていいことが今回の記録につながった」と球団OBは見ている。

関連ニュース