記事詳細

【清水満 SPORTS BAR】下位指名でもグラウンドには“夢”がある 新井貴浩に畠山和洋、タイトル獲得も多い (1/2ページ)

 プロ野球は佳境…。パはソフトバンク、セは巨人が優勝目前の中、26日にはドラフト会議が開かれた。今年注目の“投打の逸材”、早大・早川隆久投手は東北楽天が、近大・佐藤輝明内野手は阪神が交渉権を得た。

 上位指名はアマ時代の実績が考慮され上限1億5000万円の契約金と出来高5000万円が支払われ、下位だと金額は抑えられる格差社会。だが、いったん入ったら誰もが“横一線”である。

 過去、こんなドラマがあった。1993年にロッテから7位指名された福浦和也は“全体最終指名の64番目”だったが、2001年に首位打者に輝き、18年には通算2000本安打を達成した。

 下位指名でタイトルを獲得した選手も数多い。最近では巨人・山口鉄也(05年育成1位)が12年に最優秀中継ぎ投手になり、初年度240万円だった年俸は最高3億2000万円にもなった。

 打者でも、1998年広島6位指名の新井貴浩は2005年本塁打王、11年には阪神で打点王に輝いた。ヤクルト・畠山和洋(00年5位)も15年に打点王、DeNA・宮崎敏郎(12年6位)は17年に首位打者になった。

関連ニュース