記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】ソフトバンク「V9巨人超え」の野望 3年ぶりリーグV、4年連続日本一で“球界新盟主”へ (1/2ページ)

 首位ソフトバンクが27日のロッテ戦(ペイペイドーム)を制し、悲願の3年ぶりリーグ優勝を果たした。王貞治球団会長(80)が「今年はウチもリーグ優勝して、もう一度巨人と日本シリーズをやって勝ちたい」と明言していた第一関門をクリア。日本シリーズでの再戦も制してV9巨人以来の4年連続日本一を達成すると、いよいよ悲願の「球界新盟主」の座獲得が現実味を帯びてくる。(江尻良文)

 ダイエーからホークス球団を買収して15年目。孫正義オーナー(63)はことあるごとに、「V9巨人超え」を至上命令にしてきた。巨人に代わって球界新盟主の座を目指すうえで、わかりやすいスローガンだ。

 今季はオーナーだけでなく、王会長までもが初めて「3年ぶりのリーグ優勝をしての4年連続日本一」に執着を見せている。それは、巨人のV9が敗者復活戦のクライマックスシリーズ(CS)がなかった時代に成し遂げた、9年連続リーグ優勝と日本シリーズ制覇という大偉業だから。V9以来の4年連続日本一といっても、CSに助けられてばかりでは、その価値はまるで違ってくる。

 過去にも、巨人超えの球界新盟主に野望を燃やす球団があった。堤義明オーナーのもとで黄金期を築き上げた西武だ。だが、「いくら勝っても巨人の人気を超えられない」と、途中でさじを投げてしまった。

関連ニュース