記事詳細

【最先端アマチュアスイング】失敗しないバンカーショット スタンスを開いたときボールを左に置きすぎない (1/2ページ)

 バンカーショットの打ち方をマスターしたけれど、なぜかうまく脱出できない。そういう人は、ボールの位置を確認してください。

 バンカーショットでもボールの位置は左足カカト線上が基本です。右寄りに置いてしまうとヘッドが砂に刺さる危険性が出てくるし、逆に左に置きすぎるとトップしてしまう可能性が出てきます。ショット同様、左足カカト線上に置けば、しっかり体を回して、左サイドに体重が乗った形でボール手前の砂をとらえることができます。

 ひとつ注意しなければいけないのは、オープンスタンスにしたときです。というのも、スタンスを開くとボールが内側に入っているように見えるため、ついつい左に置きすぎる傾向があるからです(写真〔1〕)。そしてこの錯覚は、スタンスを開く度合いが大きくなるほど顕著になります。

 だから、最初にボールに対して構えたとき、左足カカト線上にあることを確認したら、スタンスを開いたときにボールが右足寄りにあるように見えても、左足カカト線上に合わせようとしないことが大事です(同〔2〕)。

 最後にバンカーショットでの距離感の打ち分けについてお教えしましょう。

関連ニュース