記事詳細

【集中連載:阪神コロナ妄乱の病巣(4)】阪急阪神HD統制強化 「いずれ球団社長」谷本本部長、失態続き…阪急側キーマンは杉山社長 (1/4ページ)

⇒【集中連載:阪神コロナ妄乱の病巣(3)】谷本本部長の“迷走” コロナ対策から大物選手のクビ切りまで「権限が強すぎる」球団内からも不満の声

 大阪市内の私邸で催されたパーティーに参加した3選手が、3月末にプロ野球界初の新型コロナウイルス感染者となった阪神。同じ阪急阪神ホールディングス(HD)傘下の阪急電鉄が運営する宝塚歌劇団では、厳重な感染防止策を講じてもなお、声楽やバレエの講師など外部からの出入りを再開すると、8月にクラスターが発生した。

 長期の休演を余儀なくされるとともに、「演劇界にも迷惑をかけた。いろんな興行に迷惑をかけた」。そう神妙に語るのは、角和夫代表取締役会長グループCEO(71)だ。それだけに、阪神がずさんな危機管理を改めることなく、シーズン佳境の9月下旬に再び選手、スタッフらの間で集団感染を起こしたことへの失望は大きかった。

 10月に入り、角会長は本紙の直撃に「球団の管理責任があったと言わざるを得ない。何らかのケジメが必要」と一喝。この発言が7日発行紙面に載ると、阪神は2日後の9日に揚塩健治球団社長(60)が12月1日付で辞任すると表明した。

関連ニュース