記事詳細

3場所連続休場の白鵬、「ぱっと散る」どころか…引退する気はサラサラなし (1/2ページ)

 横綱白鵬(35)=宮城野=が11月場所(8日初日・両国国技館)を休場することが6日、決まった。

 8月13日に手術した右膝の診断書を提出。白鵬は「来年の初場所(1月10日初日・両国国技館)では万全の状態で土俵に戻るべく、引き続き全力で努力いたします」とコメントを発表した。

 宮城野親方(元幕内竹葉山)は前日5日に「もし出られなかったら、来場所に進退を懸けて頑張るしかない」と言及していたが、休場が決まると異例の訂正。「白鵬の進退にかかわる発言をいたしましたが、決して本意ではなく軽率だったと深く反省しております。訂正して取り消させていただきます。大変申し訳ありませんでした」と平謝りで、これでは師匠の面目は丸潰れだ。

 白鵬は2017年九州場所で40度目の優勝を果たした一夜明け会見で「あと2年半しか土俵に上がれないんですね。さみしさはあります。桜の花みたいに、ぱっと咲いて、ぱっと散って。もういいんじゃないかなと思います」と東京五輪後の引退を示唆。東京五輪が1年延期となり、構想が狂ったのだろうが、本来ならこの11月場所は引退しているはずだった。

関連ニュース