記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】ソフトバンク・工藤監督VSロッテ・井口監督 14日開幕CS前に舌戦

 日本シリーズ出場をかけた14日開幕のパ・リーグクライマックスシリーズ(CS)の3日前。ソフトバンク・工藤監督とロッテ・井口監督が前哨戦の舌戦を展開した。

 リーグ2位でチャンレンジャーの井口監督が、3年ぶりリーグ優勝の工藤監督に対し、プレッシャーをかける戦術。「(ソフトバンクには1勝の)アドバンテージがあるので、我々は勝ち進まないといけない。逆に言えば、下から上を叩けるチャンスをもらったので、シーズン終盤のようなプレッシャーはない」と先制パンチを放った。

 昨季まで2年連続2位から、CSを制して日本一になったソフトバンクに当てこすり戦術? 改めてノンプレッシャーの強みを強調したのだ。

 対する工藤監督も負けていない。ロッテとの対戦成績は、今季4勝11敗1分と最大借金「7」となりながら、7連勝して巻き返したことをアピール。「悪い時の負け方と、7連勝した際の勝ち方はたぶん同じではないので、そこをもう一度、なんとなくおぼろげではなく、ハッキリとしたものにしないといけない。もう一度見直して考えていきたい」と譲らない。

 CS、日本シリーズとポストシーズンゲーム無敵の10連勝中という実積もあり、こちらも強気一転ばり。前哨戦の舌戦はイーブン。CS本番の球趣をさらに盛り上げた。 (江尻良文)

関連ニュース