記事詳細

【実況・小野塚康之 時代を越える名調子】高校野球に学ぶ 昭和を勝ち抜いた広商の知恵(上) 「江川を打てなくても作新に勝てる」 (3/3ページ)

 「広商の戦術」は後で考えてみれば「ヘエー」や「なるほどそうか」というもの、「いいアイデアだなぁと」と思うものばかりである。発想のベースには、野球には3つの塁があって4つ目のホームを目指すスポーツであること、3ストライクで1アウト、ボール4球でフォアボール、3アウトでチェンジなることなど野球というゲームの根本を押さえているように見える。

 攻撃で言うとアウト3つの間にどうランナーを進め、返すか、3ストライクと4ボールの関係の中で打者が有利になるには? 仕掛けて成功する可能性の高いボールカウントやアウトカウントは? 相手の予想や備えを読む? また、あれだけ広いグラウンドをたった9人で守る守備のどこが弱点なのか? などなど。常識と非常識、想定と想定外、両極を踏まえている。

 1つ1つの“広商の戦術”について検証してみると理論的に考え尽くされていて他校からすれば取り入れて試したくなるはずだった。どこの高校生でも才能に関係なく徹底して練習すれば身につきそうに感じる。環境が近い公立高校などであればなおのこと参考にしたい貴重な好例だった。そして私たちアナウンサーにとっても必須の教材だった。 =次回に続く

 ■小野塚康之(おのづか・やすゆき) 1957(昭和32)年5月23日、東京都生まれ。80(同55)年、学習院大からNHKに入局。以降40年間、主に高校野球、プロ野球の実況を担当し、名物アナウンサーとして活躍した。今年3月にNHKとの契約を終了しフリーに。現在もDAZN、日テレジータス、JSPORTSなどで実況家として野球中継に携わっている

関連ニュース