記事詳細

【西本忠成 トラとら虎】久慈コーチの留任に「疑問符」 3年連続「最多失策」の責任者、守備の名手でも教え下手 (1/2ページ)

 阪神が12日に発表した来季のコーチングスタッフに、多くの球団関係者から疑問の声が上がっている。なかでも反対が多いのは久慈照嘉内野守備走塁コーチ(51)の留任だ。

 OBのひとりは「巨人に太刀打ちできなかった最大の原因は守備力の弱さなのに、打開の姿勢が見えない。コーチが同じでは来季も同じミスを繰り返す恐れは多分にある」と指摘する。

 今季だけならともかく、阪神のリーグ最多失策は3年連続になる。2018年から順に89、102、85。

 もちろん、全てのポジションを合わせたものだが、内野が大半を占めるのはいうまでもなく、その責任者が久慈コーチなのである。

 現役時代は遊撃の名手で知られ、1992年に新人王に選ばれたのも守備を評価されたからだった。「ただ、自分がプレーするのと人を指導するのは別。球界には実績があっても教えるのが下手なコーチが結構いて久慈もそのタイプかもしれない」と先のOBはみる。

関連ニュース