記事詳細

引退の琴奨菊、十両でも相撲を続けた理由「いろんな可能性を感じていた」

 大相撲11月場所8日目=15日、両国国技館

 元大関で西十両3枚目の琴奨菊(36)=佐渡ケ嶽=が15日、現役引退と年寄「秀ノ山」の襲名会見を行った。

 関取最年長の琴奨菊は秋場所で左ふくらはぎを痛めて途中休場し、再出場も負け越し。11月場所は15年ぶりに十両陥落となったが、1勝5敗で7日目に引退の意向を表明し、この日承認された。

 琴奨菊は「やるべきことは全てしたが、体がいうことを聞かず、ここが終わりかなと決断した。自分の相撲が取れないと思ったら引退しようと思っていたので、そのときがきた」と説明。1場所で幕内復帰を目指したが現実は厳しかった。

 元大関で十両まで番付を下げたのは大受、把瑠都、照ノ富士に次いで4人目。大関を32場所も務め優勝経験もある力士が、十両の土俵で相撲を取り続けることには厳しい声も上がっていた。

 しかし、琴奨菊は「幕内から十両に落ちたときに、周りが思うほどではなかった。自分はいろんな可能性を感じていたので、落ち込むことはなかった」と意に介さず。師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)も「納得するまで相撲を取っていいぞ」と後押しした。

 今後は部屋付きの親方として後進を指導。それでも「まだできるなら相撲を取りたいのが本音。(部屋の)みんなが普段通りしているのが、うらやましいです」と衰えぬ相撲愛を見せていた。

関連ニュース