記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】王会長「さすが工藤!!」絶賛した本当の意味 工藤監督はプレッシャーに耐えられるか (1/2ページ)

 パ・リーグ王者のソフトバンクは、2位ロッテとのクライマックスシリーズ(CS)を豪快に連勝して突破。21日からは2年連続で巨人と日本シリーズで激突するが、巨人OBからは早々と「巨人は不利だ」と悲鳴が上がっている。

 「さすが工藤監督が率いるホークスは強いな」

 無傷でCS突破後、こう自画自賛したのは誰あろう王貞治球団会長だ。

 自ら工藤監督に課したノルマは「今季はウチも3年ぶりのリーグ優勝をして、2年連続巨人相手の日本シリーズに勝つこと」。誰からも文句なしに不滅の金字塔、V9巨人以来の4年連続日本一を光り輝かせるためだ。改めて工藤ホークスを絶賛したのは、世界の王流の喝入れといえる。工藤監督が計り知れないプレッシャーに、耐えられるがカギになるだろう。

 一方の原巨人が8年ぶりの日本一を目指す日本シリーズを前に、巨人OBたちが「ソフトバンクは強すぎる。巨人は不利だ」と声をそろえるのは本音だろう。何年間も交流戦、日本シリーズで「パ高セ低」の実力格差を見せつけられている。

関連ニュース