記事詳細

サッカー森保J、格上メキシコと厳戒マッチ 今季最終戦の地でロックダウン 同じく遠征中の韓国はすでに悪夢の洗礼が (1/3ページ)

 森保ジャパンの今季最終戦が厳戒マッチになった。遠征先のオーストリアで新型コロナウイルス感染者が急増し、欧州屈指の危険地帯に。同国政府は14日、17日から3週間のロックダウン(都市封鎖)を指示。メキシコ代表戦(日本時間18日午前5時開始予定)は、外出禁止となったグラーツの街で開催される。(編集委員・久保武司)

 オーストリアでは今月から、夜間の外出を禁止しても感染拡大が止まらず。政府はクリスマスの時期に商店を営業させるべく、前もって都市封鎖に踏み切った。買い物や運動などを除き全日外出が禁じられ、生活必需品やサービス以外の商店は休業となる。

 日本代表の森保一監督(52)は、16日の試合前日会見で「その情報は聞きました。この遠征ができないことも考えていました。しかし、試合は行われると聞いています」と話した。メキシコ戦はいわば、今回の遠征の“メーンディッシュ”だ。最新の世界ランク11位の強豪で、14日には日本のライバル・韓国代表と現地で対戦して3-2で勝利。この腕試しでチームの立ち位置がわかる。中止となれば、2020年の画竜点睛を欠くというものだ。

関連ニュース