記事詳細

【最先端アマチュアスイング】100ヤードを確実に乗せる 両ヒジを張ればフェースの開閉は小さくなる (1/2ページ)

 残り100ヤードのショットを成功させるには、フェースの動きを小さくすることが大事です。そしてそのためには、テークバックでフェースを大きく開かないことと、ダウンスイング~フォロースルーで、ヘッドが体を追い越さないようにすることがポイントになります。今回は、このようにクラブを動かすためには、どういう点に注意すればいいのかをレッスンしましょう。

 最大のポイントは、バックスイング、フォロースルーでの両ヒジの使い方にあります。たとえばテークバックでは、写真〔1〕のように右ヒジを張って、ヒジを高い位置に上げる。そうすればシャフトが立つように上がり、クラブが寝ない分、フェースも開きにくくなります。

 さらにトップでは、クラブをブロックするようなイメージで右ヒジを使うことで、シャフトが立った状態をキープできます。

 一方、ダウンスイングからフォロースルーでは同〔2〕のように左ヒジの動きを意識しましょう。テークバックでの右ヒジと同じように、左ヒジを張って高い位置をキープし、シャフトを立てるようにする。そうすることでフェースの開閉を抑えることができます。