記事詳細

歯切れ悪く…菅野のメジャー“本気度”疑問視 前代未聞、最初から巨人残留を選択肢に (1/3ページ)

 ポスティングシステムでのメジャーリーグ移籍を目指している巨人・菅野智之投手(31)が8日、悩める胸の内を明かした。日本時間同日午後10時から、譲渡金を支払う意思がある全ての球団と交渉が解禁となったが、コロナ禍で来季も試合開催が不透明なことを不安視。夢と現実の狭間で揺れている巨人のエースに、メジャー関係者からは本気度を疑う声まで挙がっている。(片岡将)

 「年齢的にも残されたチャンスは少ないと思いますし、自分なりにここまでいろいろ考えました」。

 日本シリーズ終了から2週間。来季に向けて早くも練習を行っているジャイアンツ球場で、ポスティングシステムの申請を決断した理由を口にした右腕だが、夢への道が拓けたのに、歯切れが悪かった。

 メジャー8球団以上が獲得に興味を示し、ヤンキース、パドレス、ジャイアンツが具体的な獲得調査を行っていることをこの日のMLB公式サイトが報道。今移籍市場では「トレバー・バウアー(レッズFA)に追随する先発の2番手グループに位置付けられる」と高評価されている。米CBSスポーツ電子版は「3年総額3000万ドル(約31億3000万円)が最低ラインになる」との見立て。注目は日に日に高まっており、争奪戦も予想されるが、行きたい球団やこだわりはないとし、表情は晴れなかった。

関連ニュース