記事詳細

レッドソックスやエンゼルスが菅野獲得に意欲か 両チームとも投手陣に課題

 米メディアは8日(日本時間9日)、名門レッドソックスや大谷翔平(26)が所属するエンゼルスが、菅野獲得に意欲を見せている様子を伝えた。

 松坂大輔、上原浩治などが所属した強豪レッドソックスは今季ア・リーグ東地区最下位に転落。再建を目指しており、少なくとも先発2人の補強が必要。地元紙「ボストン・スポーツ・ジャーナル」は「先発投手獲得で海外に目を向けている」とし、「菅野に興味を抱いているチームとの競争になる」と記した。

 またエンゼルスは、来季、大谷がローテに復帰する見通しだが、チーム防御率はア・リーグ13位5.09と低迷。地元紙ロサンゼルス・タイムズによると、ミナシアン新GMやフロントは「平凡な投手は受け付けない」と宣言。大物投手の獲得を目指しており、その中で菅野もリストアップされているという。

関連ニュース