記事詳細

鶴竜帰化に2年半、親方にギリギリ間に合う 日本国籍取得、本名はそのまま

 モンゴルから帰化を申請していた横綱鶴竜(35)=陸奥=が日本国籍を取得したことが、10日付の官報で告示された。3場所連続休場となった11月場所後の横綱審議委員会で「注意」を決議され、初場所(来年1月10日初日・両国国技館)は進退がかかるが、日本国籍がなければ親方になれないため、ギリギリで間に合った格好だ。

 鶴竜は「かなり長かったので『やっとか』という感じ。ひとつ悩みの種が消えたので、すっきりとまた相撲に集中できると思います」と一安心。通常は1年程度で受理されることが多いが、妻もモンゴル人の鶴竜は2年半かかったという。

 「16歳で日本に来て、相撲のことしか知らないし、相撲のおかげでここまでやって来られた。その恩返しをしないといけない」。ゆくゆくは部屋を興して後進の指導に当たることを希望し、日本相撲協会の規定に従い国籍を離脱した。「国籍を変えるというのはなかなか難しいことなので。これは自分の人生ですし、大事な決断だった」と苦しい胸の内も明かした。

 帰化した際に曙、武蔵丸(現武蔵川親方)、白鵬は四股名をそのまま新たな姓とし、高見山、小錦、琴欧洲(現鳴戸親方)は夫人の姓を名乗った。鶴竜も日本名を考えたそうだが、「そのままでもいいんだよと言われて」、本名のカタカナ表記「マンガラジャラブ・アナンダ」に。先例ではモンゴル出身の高砂親方(元関脇朝赤龍)、中国内蒙古自治区出身の荒汐親方(元前頭蒼国来)も本名のまま帰化している。 (塚沢健太郎)

関連ニュース