記事詳細

【水沼貴史 オヤジのためのサッカー塾】岡崎慎司がオシャレなロングループシュートを決めるまで サポーターに「これぞ助っ人」と思わせる一撃 (1/2ページ)

 みなさん、ごらんになりました? サッカー・スペイン1部リーグのウエスカFW岡崎慎司(34)が6日の第12節、アウェーのグラナダ戦に後半19分から途中出場。出場8試合目で待望の同リーグ初ゴールを決めました。それも、とびきりオシャレなシュートでしたね。ゴールまで35メートル近くもあったロングループシュート。この一撃は今節のリーグ公式ツイッターでも、ベストゴールに選ばれました。

 そもそもループシュートは、決められる場面が整わないと始まりません。この試合では後半37分に整いました。

 相手のFKを岡崎がヘディングでクリアしたのがきっかけ。次の瞬間、岡崎は一気に前線に走り出します。ウエスカのカウンターが始まり、供給されたロングボールを相手DFが下がりながらヘディング。同時に相手GKがゴールマウスを空けて、上がってきたのも見えました。そこに走ってきた岡崎が素早く、冷静に反応した結果でした。

 映像では思い切りよく、ダイレクトでロングシュートを放ったかに見えます。でもよく見ると右足のインサイドか、インフロントの間で実に巧みに蹴っています。

関連ニュース