記事詳細

セ・DH制見送り、反対球団のホンネ 巨人が導入提案も「レギュラー1人分の人件費が余分に掛かる」 (1/2ページ)

 巨人は14日、セ・リーグ理事会で来季のDH制暫定導入を提案。賛同を得られず見送られたが、リーグ全体のレベル向上を願う原辰徳監督(62)の持論が、オーナー名の文書で提案されて球団の総意が形となったことは一歩前進だ。停滞していた議論が動くか。

 山口寿一オーナー(63)=読売新聞グループ本社代表取締役社長=名の文書では、「提案する理由は3つ」としている。まずは「投手の負担軽減」。コロナ禍による過密日程で今季、セ・リーグでは投手の故障者が41人に上った。これはパの30人を上回り、打撃や走塁の負担が関係した可能性を指摘している。次にチーム強化の必要性を訴え、「1人でも多くの野手に出場機会を与えて鍛えるのが理にかなっている」と主張。第3に「投手がバッターボックスの後方に立ってバットを振らない、または空振りする場面が見受けられますが、プロスポーツとして本来許されるものではない」とした。

関連ニュース