記事詳細

【小西綾子のゴルフLIVE byスカイA】ギア入れてセキユウティン、逆転優勝! 怒濤の「上がり4連続バーディー!!」 (1/2ページ)

 怒濤(どとう)の「上がり4連続バーディー!!」。今年最後の試合「JLPGA新人戦 加賀電子カップ」(千葉県)は、セキユウティン選手(22)が最終日7バーディー・ノーボギーでまわり、逆転優勝を飾りました。

 バックナイン。首位の山下美夢有選手(19)とはスタートから変わらず2打差。ここでユウティン選手の表情が明らかに変わりました。いつもは柔らかい表情の彼女ですが、画面からでも伝わってくる「ギアを入れた」強い表情。そして15番からのバーディーラッシュ。グレートアイランド倶楽部の難しい上がりホールでですよ! 解説の塩谷育代プロは「ひたひたと静かに迫ってきた」と表現しました。

 そうなんです。この日のユウティン選手は、ピンの根元にくるようなショットの連続ではないのですが、気がつけばバーディーを重ねているのです。近くでプレーを見ていたゲスト解説の森田理香子プロによると「マネジメントがうまい」とのこと。つまり「近くのここよりも少し遠いあそこの方が実はバーディーチャンス」という位置に確実に乗せてきているのだとか。

 ユウティン選手は17番のバーディーでついに首位に立ち、最終ホールもパーで優勝というなかでバーディーフィニッシュ。山下選手に2打差をつけての優勝となったのでした。