記事詳細

【中山徹 俺にも言わせろ】全米女子OP、最後まで戦いきった渋野の姿は見事! (2/2ページ)

 コースコンディションの悪さも影響してか、渋野のダウンスイング自体にも乱れが見て取れるようになっていた。インパクト前に左サイドが浮き上がり、それによって頭が微妙に右に傾いて目線にズレが生じ、ショットが曲がる。

 パットは下半身を動かさずにストロークできていたけれど、打ち出したボールを目線で追いかけるのが早い場面もあった。打ってから一瞬遅れて打ち出したボールを追いかけるなら上体は起き上がらない。だが、ボールの転がりをすぐに目線で追おうとすると上体が動き、芯でボールを捉えられなかったり、ショートしたりしてしまうのだ。速いグリーンでは起こりがちだ。

 それでも、その中で最後まで戦いきった姿は見事だった。これだけ世界から注目される日本選手はそうそう出るものではない。勝敗に関わらずファンの期待に応えていたといえる。しぶこフィーバー再来といえる活躍だったと思う。(構成=フリーライター・伝昌夫)