記事詳細

東京五輪でロシア除外へ ドーピング問題でCAS裁定、潔白選手の個人参加は可能

 スポーツ仲裁裁判所(CAS)は17日、組織的なドーピングが認定されたロシア選手団を東京五輪・パラリンピックや2022年北京冬季大会から除外する裁定を発表した。潔白を証明した選手のみ個人資格での出場を認め、国旗や国歌の使用は禁じる。

 当初4年間の処分期間は2年に短縮されたが、サッカーの22年W杯カタール大会や各競技の世界選手権も対象となる。昨年12月、世界反ドーピング機関(WADA)はロシアの検査データ改ざんや隠蔽工作を認定し、主要大会の開催や招致などを禁じていた。裁定を不服として、ロシア反ドーピング機関(RUSADA)は、スイスの連邦最高裁に上訴する可能性もある。

 16年リオ五輪ではロシア選手団の全面除外は見送られ、判断は各国際競技連盟に委ねられた。18年平昌冬季大会は個人資格でのみ出場が認められた。

関連ニュース