記事詳細

【西本忠成 トラとら虎】右の大砲候補、19歳・井上の抜擢 キャンプの話題づくりでない信頼度 (1/2ページ)

 阪神の矢野監督は来年2月の1軍キャンプ(沖縄・宜野座)に2軍の4番打者、井上広大外野手(19)を参加させることを明言した。阪神では過去に例の少ない抜擢(ばってき)で、高卒2年目の野手に限れば2012年の中谷将大外野手以来9年ぶりになる。

 朗報を聞いた井上は「上に呼んでもらえるのは、それだけ期待されているわけで、身が引き締まる思いです。一日一日を大切に、いろんなことを学びながら成長したい」と目を輝かせる。

 これがキャンプの話題づくりでない証拠に、首脳陣は春から英才教育を続けてきた。例えばウエスタン・リーグの出場全試合(69)で4番を任せたあたりもその一環。結果、打率こそ・226と低いが、9本塁打はリーグ2位、36打点は同3位。未来の大砲の片鱗(へんりん)をのぞかせた延長線上に今回の昇格がある。

 もっとも、いまはまだ「阪神の井上」より、「履正社高の井上」の方が通りはいいのではないか。昨夏の甲子園大会決勝戦。星稜のエース奥川(現ヤクルト)から放った逆転3ランが、逸材の名を高め、阪神のドラフト2位指名につながった。

 「今季飛躍した大山にもいえるが、阪神の積年の課題は右打ちの長距離打者を増やすこと。井上にもその資質があるから、1軍の首脳陣はそばに置きたくなる。レベルの高い所でやれば成長は早まるかも」と球団OBのひとりはみている。

関連ニュース