記事詳細

浅田真央、田舎で土地探し宣言 婚活もせず「ひとり生活」か (1/2ページ)

 「来年のツアーが終わったら田舎に土地探しに行こうかなと思ってます」--12月7日、『とくダネ!』(フジテレビ系)に出演したプロフィギュアスケーター・浅田真央の発言が波紋を呼んでいる。

 今年30歳を迎えたことを記念し、11月末に著書『浅田真央 100の言葉』(扶桑社)を出版した浅田。現在はアイスショー「浅田真央サンクスツアー」で全国を巡っており、コロナ禍にもかかわらずいずれも満席だ。現役引退後も変わらぬ人気ぶりを見せている。

 そんな彼女が『とくダネ!』のキャスター・石黒賢(54)に「ツアーを終えた後の将来の夢」を聞かれると、「田舎に家を持つこと」と答え、土地探しを宣言したのだ。ファンからは“もうスケートはやめるつもり?”と心配の声が上がっているが、真意はどうなのか。

 「スケートを続けながら、拠点を地方に移すつもりのようです。以前から農業に興味があって、老後は自給自足の生活がしたいと語っていた。今年5月に出演したバラエティー番組では実際に古民家暮らしや畑作りにも挑戦。本人は本気のようです」(フィギュア関係者)

 とはいえ、浅田もお年頃。「1人で田舎暮らしも寂しいでしょ?」との石黒からの質問に、「クマとか出たら私ひとりなので、退治できる方が(笑い)」と、生活パートナーを求めていたが……。

NEWSポストセブン

関連ニュース