記事詳細

巨人・戸郷と中川にのしかかる菅野の重圧 投手陣の再編必至、両者フル回転が優勝の大前提 (2/2ページ)

 10月上旬に左脇腹の肉離れで離脱。「疲労がたまると背中が張りやすい。脇腹のケガと直接の関係があるのかは分かりませんが、背中や腰の柔軟性を上げることで防げる故障はあるはず。来季が142試合あるのなら60試合は登板したい」とパワーアップを誓った。

 ともに好調時に投げる球は一級品だが、コンディションの維持に不安を抱える。「今季は登板間隔を空けるなどの管理はしてきたが、菅野が抜ければ来季はそうも言っていられない。戸郷と中川のフル回転は優勝の大前提になる」と球団関係者。エースが背負ってきた重荷を、2人の肩でどれだけ支えられるか。(片岡将)=金額は推定

関連ニュース