記事詳細

羽生結弦、SP&フリーで新プログラム 全日本フィギュア25日開幕

 フィギュアスケートの全日本選手権は25日から、長野市ビッグハットで行われる。男子は冬季五輪2連覇の羽生結弦(26)、5連覇を目指す宇野昌磨(23)に、17歳の鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)が挑む構図となる。

 羽生は23日、フジテレビの「Live News α」の取材に応じ、ショートプログラム(SP)、フリーともに新プログラムを披露することを明かした。曲名は明らかにしなかったが「『SEIMEI』と『バラード第1番』と比べると、自信の塊まではいっていない。誰かの心に感情が灯るきっかけになれば」と語った。注目の4回転アクセルは、今大会では構成に組み込まない。

 羽生、宇野はコロナ禍で今季初戦。羽生は拠点のカナダではなく、国内での調整。宇野はスイスで練習し、SP、フリーとも昨季と同じ演目。今季シニアに転向した鍵山は、11月のNHK杯でGPシリーズ初出場優勝を飾っており、2人を脅かす存在に成長した。男子SPは25日、フリーは26日。女子は紀平梨花(18)と坂本花織(20)が優勝争いの中心。

関連ニュース