記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】葭葉ルミ ストロークの正確性を上げるには、頭ではなく「目を動かさない」 (1/2ページ)

 ストロークの正確性を上げるためにはどうすればいいのか?

 よく言われるのは、「頭を動かすな」ということ。ボールの行方が気になって頭を動かすと、それにともなって体も動き、ストロークの軌道が崩れてしまいます。だから、できるだけ頭は固定したままストロークを完了し、完全に打ち終わってから顔を上げましょうーというのがこのアドバイスの意味するところです。特にショートパットなどカップが視界に入る場合はついつい頭が動きがちなので、「カップインの音が聞こえるまで動いてはいけない」といわれたことがあるのではないでしょうか? この考え方自体は間違っているわけではないのですが、実は、「頭だけ動かさない」というのでは完璧なストロークにはなりません。

 大事なのは、「目を動かさない」ことです。

 ショートパットでは、インパクト~フォロースルーでボールを目で追いがちなのですが、実は目が動いてしまうことによって体も微妙に動き、デリケートなパッティングではそれがミスにつながってしまうことが多いからです。

 目を動かさないためにやってほしいのが、ボールのディンプルを見つめ続けることです(写真〔1〕)。

 構えたときディンプルの1点をしっかり凝視し、打ち終わるまで目線を動かさなければ目が動くことがなくなるし、それが結果的には「頭を動かさない」ことにもつながります(同〔2〕~〔4〕)。

関連ニュース