記事詳細

【最先端アマチュアスイング】アプローチを寄せる 20ヤード前後なら「左ヒジを逃がす」 斜面に沿ってクラブ動かすことが大事 (1/2ページ)

 グリーンを狙ったショットがショートして、20ヤード前後のアプローチが残ってしまうというのはよくある話。大きく左右に曲がっていなければボールも花道にある場合が多いので、ここは確実にワンピン以内に寄せたいところです。

 とはいえ10ヤード前後のアプローチと同じように、ピンに近づけるのはそう簡単ではなく、また、狙いすぎたために大けがをすることも多いようです。

 花道から狙う場合にまず頭に入れておきたいのが、多くのホールではグリーンが受けていて、左足上がりのライになっていることです。そのため、インパクトでヘッドを上から叩きつけたり、ボールをすくい上げようとすると(写真〔1〕)、大きなミスになってしまうことがあります。

 そうならないためにも、ボールをすくい上げないようにしながら、斜面に沿ってクラブを動かしていくことが大事です。

 そして、それを実現するためには、インパクト~フォロースルーで左ヒジを上に上げるような動きで“左ヒジを逃がす”(同〔2〕)ことがスイングでのポイントになります。

関連ニュース