記事詳細

【五輪金メダルへ再始動】日本代表、秘密兵器は川崎・三笘 新人初の10G&10A、リーグ独走Vの立役者

 2020年1月のU-23アジア選手権で惨敗以来、コロナ禍で活動を停止していた五輪代表は12月のトレーニング合宿で約1年ぶりに再始動。伸び盛りの世代だけに、五輪が1年延期されたなかで、チーム内の序列は大きく変わりつつある。

 久保建、堂安ら海外組が鳴りを潜める一方、国内ではJリーグで主力の座をつかんだ選手たちが急成長。その代表格が筑波大から今季J1川崎に加入したMF三笘薫(23)だ。変幻自在のドリブルを武器に、途中出場から左サイドを切り裂くジョーカーとして、新人では史上初の10得点&10アシストを達成。チームの記録的な独走優勝に大きく貢献した。

 川崎が天皇杯に出場するため今回の合宿は招集を見送られたが、森保監督も「素晴らしい活躍をしている」と絶賛。金メダル獲りの秘密兵器だ。

関連ニュース