記事詳細

【プロキャディーXのつぶやき】選手会がスポンサーかき集め大会立ち上げ コロナ禍で未定だらけの関係者に勇気と希望 (1/2ページ)

 新型コロナウイルス感染者数の増加に歯止めがかからない。自粛規制の正月三が日は、初詣を諦めて自宅から一歩も出ず、今季国内ツアーの宿泊ホテルを予約することで時間を潰すことにした。

 だが、宿泊の予定は思ったより少なく、日程表を眺めるばかり。2020年と同一シーズンに統合された21年ツアーの日程は、感染拡大の影響から開催未定や同コース未定が多い。

 毎年9月に開かれていた「ANAオープン」は開催調整中で日程表には記載されず、昨年10月に新規トーナメントとして開催されるはずだった「THE TOP」は大会自体が消え去った。今年も仕事激減が濃厚だと落ち込んでしまった。まだまだ不安の日々が続く。

 そんな暗いニュースの中で灯りをともしてくれたのが、5月開催の「JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by RICHARD MILLE」と7月開催の「ISPS HANDA ガツーンと飛ばせ!ツアートーナメント」の新規トーナメント2試合だ。さすがにこのご時世から開催コースは未定だが、あえて大会開催に踏み切ってくれたのは、うれしい限り。

 前者の大会は、ツアー史上初のジャパンゴルフツアー選手会の主催試合だ。選手たちが主導でスポンサーを探したり、アイデアや夢を持ち寄ったりして作り上げていく新しい形態のトーナメントだ。

関連ニュース