記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】青木瀬令奈 ラインよりタッチ重視で3パットを減らす ラウンド前の練習でグリーン知ることが大切 (2/2ページ)

 長さはともかく、硬いか軟らかいかの判断はつきにくいと思う人も多いでしょうが、ラウンドをするたびに触っていれば、何となく分かってくるもの。判断できるかどうかは別として、とにかく触ってみて自分なりの感触を確かめてください。

 それが終わったら、次に長めの距離を自然なストロークで打ってみて、いつもよりもグリーンが速いか遅いかを確かめます。これを知るだけでも、距離感はかなり合ってくるはずです。

 繰り返しになりますが、パッティングにおいて最も大事なのはタッチです。これが合っていなければ、いくらラインを読み切っていてもカップに入れることはできないし、そもそも正しいラインを決めることも難しくなります。

 ラウンド前のわずかな時間でスコアが大幅に縮まる可能性があるのがパッティンググリーンでの練習です。時間がない場合はショットの練習時間を削ってもいいので、しっかりグリーンの速さを確認するようにしてください。

 ■青木瀬令奈(あおき・せれな) 1993年2月8日、群馬県生まれ。7歳からゴルフを始、関東ジュニアゴルフ選手権(女子15~17歳の部)、全国高等学校ゴルフ選手権夏季大会などで優勝。2010年のゴルフ5レディスでは7位タイに入りローアマチュアに輝く。11年プロ入り。15年、賞金ランキング27位で初のシード権獲得。以後、5年連続でシード入りを果たす。17年ヨネックスレディスで初優勝。20年は日本女子プロゴルフ協会プレーヤーズ委員会委員長を務めた。

 ■ゴルフネットワーク『ゴルフ真剣勝負 the MATCH』は、プロ同士の直接対決をお届けしています。昨年11月から、青木瀬令奈、成田美寿々、葭葉ルミ、香妻琴乃の92年生まれの同期生4選手がミニトーナメントで激突。1月は決勝で青木と葭葉が顔を合わせる。視聴問い合わせ(電)0120・562・034

関連ニュース