記事詳細

前回王者の東山コロナに泣く…選手発熱で試合直前に無情の裁定、不戦勝の高松工芸は準々決勝で敗退 春高バレー

 「ジャパネット杯 春の高校バレー」第73回全日本バレーボール高校選手権は7日、男女の3回戦と準々決勝が行われ、ベスト4が出そろった。

 男子の前回優勝校、東山(京都)は思わぬ形で連覇の夢を絶たれた。選手1人の発熱が確認されたため、高松工芸(香川)との3回戦直前に大会実行委員会が欠場を決定。不戦敗となった。

 東山はこの日朝、大会規定に基づき発熱者を除くメンバーで会場入り。午前10時からの3回戦へウォーミングアップも終えていたが、実行委は「新型コロナウイルスに感染していた場合、チーム全員が濃厚接触者になる恐れがある」と判断した。無情の裁定に選手たちは泣き崩れたが、PCR検査の結果、発熱した選手はコロナ感染が確認された。

 東山に不戦勝で勝ち上がった高松工芸は、準々決勝で東福岡に1-2で惜敗。今大会注目の身長210センチ、牧大晃(2年)は「悔しかったけど楽しかった。来年また来たい」と笑顔で雪辱を誓った。

関連ニュース