記事詳細

【勝者のワザ】メジャー2勝の原英莉花 長く、ぶ厚いインパクトゾーンの強弾道で飛ばす (1/2ページ)

 美しいだけでなく力強いスイングで飛ばす。日本女子オープン、女子ツアー選手権とメジャー年間2勝を挙げた原英莉花のスイングモーションである。

 長いインパクトゾーンから大きなフォロースルー、バランスよく収まるフィニッシュ。この動きは、男性アマチュアゴルファーにも参考になる。

 プロのインパクトは“ぶ厚い”と表現されることがある。原のインパクトからも、ぶ厚さが伝わってくる。フェースの芯でボールをヒットできれば、強く、飛びの弾道になる?

 そう思っている人が多いようだが、実は、それだけではぶ厚いインパクトにはならない。フェースでヒットするのは、第一段階で、そこにもうひとつの動きが加わるとさらに大きなエネルギーがボールに注入され、飛距離アップ、方向性のよさが約束されるようになる。

 では、もうひとつの動きとは、ナニ?

 それは、ヘッドの芯で打つこと。ヘッドの芯は、フェース面にはない。ヘッドの中に存在する。ほぼヘッドの真ん中にあると思ってもらえばいいだろう。フェースよりも数センチ後方になる(重心距離が浅いか深いかによって異なる)。

 当たるのはフェース面ではあるのだが、打つのはヘッドの芯で。この数センチの差を意識することで、フェースに当たったボールをさらに押し込む動きが加わる。これが、ぶ厚いインパクトの正体だ。

関連ニュース