記事詳細

【最先端アマチュアスイング】アプローチを寄せる 30ヤードは体の回転を止めないことが大事 腕の振り遅れやヘッドの垂れさがりに注意 (1/2ページ)

 ピンまで30ヤード前後の距離になると、体重移動プラス腰の回転が必要になってきます。気持ち良く腰を回すことが大事です。

 具体的には、テークバックでクラブを上げたところからヘッドの重さに任せてクラブを振り下ろすと同時に、それを体の回転につなげるのです。そうすればフェースにボールが乗ってイメージ通りのショットが打てるようになります。

 注意しなければいけないのは、インパクトで腕だけが動いてしまったり、体の回転が先行して腕が遅れてしまわないこと。フィニッシュまで体の回転を止めないで動かすことと、その体の回転とともに腕も一緒に動かすことを意識しましょう。

 もう1点注意したいのは、ダウンスイングでグリップが腰の高さに来たとき、グリップエンドが正面から見て左斜め上を向き、ヘッドが垂れ下がったような状態(写真〔1〕)を作らないようにすることです。なぜなら、ヘッドが垂れ下がると、フォロースルーでヘッドが上に跳ね上がってしまい、イメージしたよりもヘッドの運動量が増えてボールが飛びすぎることがあるからです。

 そうならないためにも、クラブが地面と平行になったところからは、クラブを平行移動させるようなイメージで腰を回転させていくようにしましょう(〔2〕〔3〕)。そうすれば左右対称の“腰から腰まで”のスイングになり、方向性が安定し、距離感も合いやすくなります。

関連ニュース