記事詳細

【まだ飛ばし足りねぇ!!】三隅直人の第1条 レディース用シャフトをしならせてぶっ飛ばせ! (1/2ページ)

 練習場の隣打席にいたドラコン選手との出会いが、ドラコン世界へ足を踏み入れたきっかけです。「当日参加もできるよ」と誘われ、興味本位で出場しましたが、歯が立ちませんでした。大会では日本記録が達成され、その弾道を間近で見て「あんなショットを打ちたい」とドラコンショットの練習をするようになりました。

 当時の平均スコアは90前後で、スイングが安定していませんでした。飛ばしよりも通常スイングの精度を高めるのが先だと考え、練習の合間にドラコンドライバーを手にする程度でした。

 そのドライバーはシャフト長47.5インチ。普段のラウンドで愛用しているドライバーより2.5インチも長く、ドラコン選手たちの間ではシャフト硬度3Xが主流だったことから同じ硬さをチョイスしました。しかし、シャフトの長さを生かせず、飛距離を出せませんでした。

 飛ばしには硬いシャフトが不可欠と思い込んでいたのかもしれません。ゴルフ仲間のドライバーを試打したら、思いのほか飛距離が出ました。シャフト硬度Sだったので、すぐに自分のドラコンドライバーをリシャフトしてみると気持ち良く振れ、シャフトがしっかりしなり、ブッ飛びショットが打てたのです。

関連ニュース