記事詳細

藪恵壹氏もキャンプ地巡り大幅自粛「沖縄はちょっと厳しい」

 元阪神投手で夕刊フジコラム「藪から棒球」を連載中の藪恵壹氏(52)は、球春恒例のキャンプ地巡りを大幅に自粛する考えだ。

 「毎年、最初は阪神2軍(高知・安芸)の方から行くんですけど、そこだけはやろうかなと思ってます。沖縄はちょっと厳しいと思ってますね」

 ビデオ会議ツールを通して、そう語ってくれた場所は兵庫県内の自宅から。緊急事態宣言の対象地域となったため、今後は受け入れ側の警戒度がさらに増すことになる。来月中旬に予定されている宮崎県内のキャンプ地での仕事も、今後の感染状況次第で流動的だ。

 世間で在宅勤務が広がるように、キャンプ取材もリモート化の流れ。近年はCS放送やネット配信でキャンプの模様を生中継する球団も増えており、藪氏も「今年はテレビ中継中心ですよ。家で9球団くらいは網羅できるんで」と笑う。ただ、これまで現場に足を運んで仕入れてきた内部情報がないこともあり、順位予想では例年以上に頭を悩ませそうだという。

関連ニュース