記事詳細

センバツは有観客で開催 入場者減踏まえ料金改定、全席前売り指定席に 高野連

 日本高野連は13日、3月19日に開幕する第93回選抜高校野球大会を有観客で開催する準備を進めると発表した。1校増の4校となった21世紀枠を含む出場32校は、今月29日の選考委員会で決定。入場行進曲は新型コロナウイルスの影響で中止となった前回大会と同じ、Foorinが歌う「パプリカ」に決まった。

 3月12日の予定だった抽選会は2月23日に前倒し。各校主将がリモート参加する。開会式は全校が甲子園球場で入場行進の形は取らず簡素化。甲子園練習も実施しない。

 兵庫県を含む近畿3府県に緊急事態宣言が再発出され、開幕までに解除されない可能性もある。感染症対策経費、観客数制限で従来の大会より入場者が減ることなど踏まえ、入場料金を改定。中央と内野の席は1400円値上げ、無料だった外野席は700円になる。アルプス席は学校関係者のみに販売。席取りの列ができないよう、全て前売りの指定席とする。

 昨年の選抜大会は出場校が決まり、無観客で準備を進めていたが、開幕8日前に開催を断念。夏の全国選手権大会とその出場権を懸けた地方大会も中止となった。

関連ニュース