記事詳細

感染のヤクルト村上が退院

 ヤクルトは15日、宮崎県内での自主トレーニング中に発熱し、新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性と判定された村上宗隆内野手(20)が、病院を退院したと発表した。

 当初は宿泊先で療養していたが、保健所の指示で入院していた。今後1週間はチーム関係者への接触、チーム施設の使用を自粛する。

関連ニュース