記事詳細

サッカーW杯、五輪に続き崖っぷち 森保ジャパン、モンゴル入国不可で2次予選開催ピンチ 本番まで2年切り日程延期もう限界 (1/2ページ)

 新型コロナウイルスの再流行で今夏の東京五輪開催に不安説が強まるなか、国際スポーツ大会の双璧であるサッカー・ワールドカップ(W杯)も足元がぐらつき始めた。開幕が来年11月に迫ったカタール大会に向け、森保一監督(52)率いる日本代表が3月に予定していたアジア2次予選の2試合が、暗礁に乗り上げていることが分かった。(編集委員・久保武司)

 アジア2次予選グループFで森保ジャパンの戦いが始まったのは、もう1年4カ月前のことだ。2019年9月10日にアウェーで、ミャンマーを2-0で破り白星発進。続いてモンゴル、タジキスタン、さらに11月14日のアウェー戦でキルギスを2-0で下して無傷の4連勝を飾るも、この試合を最後にコロナ禍で予選は中断された。

 感染拡大が続いた昨年はまるまる予選が開催できず。今年3月25日に日産スタジアムで行われるミャンマー戦で、1年半ぶりに再開のメドが立ったはずが、緊急事態宣言の再発令で情勢はにわかに厳しくなった。

 まず日本代表のメンバーが満足にそろえられない。W杯予選は日本サッカー協会に選手を招集する権限があるが、海外組はコロナ感染の危険性から招集を拒否される可能性も十分ある。

関連ニュース