記事詳細

【清水満 SPORTS BAR】美人柔道家・ビロディドに一本取られた! 実力兼ね備えた20歳のスレンダー美女、「日本大好き!」で観光親善大使に任命 (1/2ページ)

 世界的なコロナ禍…。国際大会が次々と中止、延期になっているが先週、柔道のマスターズ大会(11-13日、カタール・ドーハ)が無観客で行われた。日本勢にとって国際大会は昨年2月以来。東京五輪代表5人を含む9選手が出場したが、優勝は女子57キロ級で五輪代表の芳田司ら2人だけ。寂しい結果となった。

 日本でもCS放送で中継されたが、ひときわ目立っていた選手がいた。女子48キロ級のダリア・ビロディド(ウクライナ)。172センチ、20歳のスレンダー美人である。

 準決勝では日本の五輪代表、148センチの渡名喜風南と対戦。長い手足を武器にして、身長差24センチの小兵の背後から覆いかぶさるように攻めたが、一本背負いを掛けられ、技ありをとられて敗れてしまった。

 ビロディドは渡名喜と5度目の対戦で初めて敗れたが、実力はこの階級で“世界一”だ。2018年の世界選手権では17歳345日で優勝。田村亮子が持つ最年少優勝記録を更新し、19年の世界選手権も連覇した実力者である。

 何より、その“美”が圧倒的です。自身のインスタグラムで“自慢の美写真”を何枚も公開している。ま、皆さん、すでにご存じでしょうが…。

 コロナ禍による調整不足に加え、昨年10月のグランドスラム(ハンガリー)では一つ階級を上げるなど、減量苦に悩まされているようだが、本番は東京五輪。しっかり合わせてくるでしょう。

関連ニュース