記事詳細

九重部屋を襲った14人“時間差クラスター” 集団生活では感染防げず…それでも胸張る相撲協会の常識外れ (1/3ページ)

 大相撲初場所前に4人の新型コロナウイルス感染者を出し、親方や力士ら全員が初日から休場していた九重部屋(東京都墨田区)で、新たに10人が陽性判定を受け、感染者が計14人となるクラスターに発展した。消毒などが行われていたが当初のウイルスが部屋に残っていたことで、さらに感染が広がった可能性が高いという。芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「部屋単位でロックアウトという形をとり、全員を全休としたことは対応としてはよかった」と胸を張るが、大部屋で幕下以下の力士たちが集団生活を続けているのが相撲部屋。現在のままの感染対策で、昨年5月に28歳の力士が亡くなった悲劇の再発を防ぎきれるのか。 (塚沢健太郎)

 芝田山部長は18日深夜、九重親方(44)=元大関千代大海=と弟子で幕下以下の力士4人の感染を発表。一夜明けた19日、新たに幕下以下力士4人と行司1人が感染したことを明らかにした。

 初場所前の8日には、全協会員を対象にPCR検査が実施されているが、このときにも九重部屋では、幕内千代翔馬(29)、十両千代鳳(28)、幕下以下力士2人の計4人の陽性を確認。27力士を含む同部屋の協会員が初場所を全休することとなった。ほかに感染者が出た宮城野(16人)、友綱(12人)、荒汐(10人)の各部屋も、全力士が初日から休場している。

 それから1週間以上がたち、九重部屋で新たに大量感染が発生。芝田山部長は「新しいクラスターが起きたというより、前回感染した人のウイルスが今になって出てきたということ。消毒をしていても発生する状況だから。最初にかかった人のウイルスが5、6日たっても残っていたということ」と説明した。

関連ニュース